システム開発部門とは?

システム開発部門が求める人材像は、
仕様書通りに開発を行うスキルではなく、
フットワークの良い対応力と柔軟な発想力・展開力を発揮できる人です。

営業支援・Web最適化グループ

お客様に提案するためのネタが欲しい・・・

お客様に提案するためのネタが欲しい…

この要望に応えるのが営業支援です。アクセスのことや最近の傾向に関すること、応募効果を上げるためにできることってないかな?など、営業現場に求められることをスムーズに解決することが求められます。ときには、営業と同行しお客様の声を伺い、あるときはシステムのご説明に伺ったりもします。営業が持ち歩くスマートフォンやタブレットを使って、より効果的なものはないか?など、議論を繰り返し、影で営業をフォローするのも大切な仕事です。

求人情報もスマホ中心の時代

求人情報もスマホ中心の時代

近年、ユーザーが求人情報を探す方法は、急速にスマートフォンへ移行しています。限られた画面の大きさの中で、見やすく・分かりやすく・迷わずにWebサイトを利用できることが重要となり、サイトの作り、検索方法・導線、そして何より求人情報の丁寧さを大切に、お客様とユーザーに満足して頂くことが求められます。併せて、サイトを訪れたユーザーに、思わぬ求人情報との出会いを演出するような仕掛けを考えるのも私たちの仕事になります。また、Webでの求人広告の見え方を最適化するために、求人広告を作る営業へのアドバイスや事例紹介なども行います。

基幹・開発グループ

開発業務

開発業務

自社システムの開発・運用・保守を担当するグループです。主に「自社求人サイトを中心としたWebサイトの構築・運営」と「社内業務システムのWebアプリケーション開発」を行っており、自社Webサイトの構築・運営は、パートナー企業と連携して行います。自社開発のメリットを活かし、ユーザーが訪れやすく、使いやすいサイトにするため、ブラッシュアップを重ねていく日々です。社内システムでは基幹システムや営業ツールなどのWebアプリケーション開発、スマホアプリの開発も手掛けています。自社で利用するツールですので、どういった場面でどう使われる機能なのか、利用者のニーズをしっかりヒアリングして企画・設計することができます。PCに向かって開発をするばかりでなく、コミュニケーションをとりながら利用者・利用シーンをイメージして進めていくことが大切になります。

サポート業務

サポート業務

社内からは、さまざまなシステムに関する課題が持ち込まれます。パソコン・スマホ・タブレットに関するトラブル対応や、社内のシステムに関する問い合わせ・改修依頼など、内容は多岐にわたるので、提供しているシステムを理解し、製品仕様等を調べつつ、日々対応を行っています。また、顕在化しているニーズに応えるだけでなく、より良いシステム環境を模索・提案・導入していくことも大切な仕事になります。

ユーザー起点Web最適化グループ

ユーザーを中心に考えたWebサイトづくり

ユーザーを中心に考えたWebサイトづくり

Webサイトに訪れてくれたユーザに気持ちよく使ってもらう!それが、当グループの目標であり、目的でもあります。使いやすい、見やすい、スムーズに応募できる…などはもちろん、仕事を探している人に良いサイトだなと思ってもらえるよう日々意識し、もしアクセスしたときに思ったような求人が無くても「またこのサイトでバイト探そう」と思ってもらえるサイトづくりを目指しています。アクセス解析などのデータ分析も駆使しながらユーザーファーストを意識して日々改善や新しい企画を打ち出していくのがメインの仕事になります。

ユーザーにより多くWebサイトに訪れてもらう取り組み

ユーザーにより多くWebサイトに訪れてもらう取り組み

当グループのもうひとつのタスクはより多くのユーザーにWebサイトへ訪れてもらうこと。検索エンジン対策への取り組みやWeb広告の立案運用、SNSやWebを絡めたプロモーションの企画などの業務も行っています。施策の目的に沿って広告出稿プランを作成したり、CMとの連動やイベントでのSNS企画などでHAJの媒体を知ってもらうための取り組みなどを手掛けています。HAJではさまざまな年代のユーザーを対象としたWebサイトを展開していますので、いろいろな方法でWebサイトへ来てもらうため積極的に取り組んでいます。